お葬式の情報が満載!

このサイトではお葬式時の遺族の心理状態から遺族の葬式への準備や流れまで幅広く紹介しています。
座る時間も立つ時間も長い葬式での(肩や背中などの)痛くなる身体のパーツの紹介、清め塩の由来や使い方、またお葬式で小さい子供が騒がないために控え室の移動やお菓子の用意などの工夫や方法も掲載しています。
深い悲しみから立ち直るためには時間をかけることの大切さや、葬儀の中で良識ある作法で執り行える方法を紹介します。

お葬式の時の遺族の心理

お葬式の時の遺族の心理 お葬式の準備や参列者の対応に追われる遺族は悲しむ余裕がない事も多いです。
お葬式が終わった後、一人になってから深い悲しみが押し寄せる事もあります。
このような心理は自然な事ですが、死別から早く立ち直ろうと焦って頑張ると今まで通りの冷静な判断ができなくなる場合もあります。
また、こうすれば良かった等の罪悪感や自責の念に駆られたりする心理も起こりうる事なので、時間をかけてゆっくり乗り越えることが大切です。
気分転換やリラックス法などで心と体をいたわり、グリーフケア等で悲しみを和らげ癒しましょう。
葬式の後も遺族が安心できるよう、例えばお葬式後の諸手続きから、遺族の体験談などのメンタルサポートも整っています。

お葬式のストレス

お葬式のストレス 大切な人との辛い別れになるお葬式は、時として激しいストレスに晒されるものです。
ふとした拍子に気が緩み体調不良に陥ってしまうことも珍しくありません。
それだけに心すべきことは、スムーズかつスピーディーにセレモニーを終えることです。
まずお葬式をストレスを理由に取り止めてしまうのは禁物です。
確かに一時期は負担が少なくなりますが、後から知人や親族への挨拶を個別に行うことになります。
別離によるダメージは直後よりも時間を経過した後に本格化するものです。
そのような状態で応対に追われることは、心身にさらなる負荷をかけることになりかねません。
それよりも亡くなった際にお葬式を執り行った方が結果的にストレスは減らせます。
そして斎場には経験豊かなスタッフが揃っていますので、安心して任せられることもポイントです。
細々とした手続きや手配などもアドバイスしてくれますからミスによる余計な手間もなくせます。
近年では初七日法要もほぼ同時期に実施するケースも当たり前になりました。
大変な時期だからこそ様々な事柄を一度に済ませることで、ゆっくりと休める時間も確保することができます。
その時になって悩まないためにも事前にお葬式を任せる斎場を選んでおくことが大切です。

お葬式関連お勧めリンク

中野区で安心のお葬式を行えます

中野区でお葬式を行う